読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

ただのメモです

徘徊初日 11/22 金沢公演

まとめるのに時間がかかってしまった。

syrup16g 2016年 ライブツアー「HAIKAI」初日。公式のバイオグラフィーによれば今年はシロップにとって記念すべき20周年という節目。キャリア史上最長と銘打たれたツアー。そして初金沢。

私にとってもシロップの遠征はこれが初でした。
ツアーが始まる前、下北沢で最速披露ライブがあったので、darcの曲は全部やるだろうな、とか、My Love's Soldもやるかもしれないけど、基本は定番のセトリだろうな、とか、 あまりやってない曲をやるとしても1、2曲くらいだろうな、と勝手な予想をしていました。しかし、そんな予想を遥かに上回る展開が待っていたのでした。



待っている間、何となく機材のチェックをしていました。ヘッドしか見えませんでしたが、エレキギターは多分6本あったと思います。でも結局5本しか使っていませんでした。
ベースはいつもの2本とツイッターで購入報告のあった黄色のリッケンバッカー。足元のエフェクターは見えませんでしたが、スタッフさんが、ベースのシンセっぽいエフェクターのチェックを念入りにしていたような気がします。結構エグい音が鳴っていました。
たいこは青たいこです。

 

はじめまして\(^o^)/ HAIKAIツアー初日、初金沢 初めてだらけたかまる #HAIKAI旅

Daiki Nakahataさん(@daiki_nakahata)が投稿した写真 -



セットリスト順に感想。ここから完全なるネタバレです。











〜〜〜〜〜〜

1.Cassis soda & Honeymoon

アルバムの最初の曲で静かに始まります。darcの曲順に行くのか?と思いきや、次の曲。

〜〜〜

2.I'll be there

最速披露会に行かれた方から、かなり評価されていた記憶のあるアイルビーゼア。いきなりここで持ってくるとは!確かに、ライブで聴くとアルバムとはかなり違った印象があります。

〜〜〜

3.Find the answer

たいこがマイクを通さずに歌いながら叩いている姿を見るのが好きなんです。ドラムのフレーズを口で言いながら叩く(ドラマーあるあるです)時もあれば、その曲の歌詞を歌ってる時もある。タイミングを合わせる為なのか、単に好きだから歌っているのかは分かりませんが、後者だといいな。
ファインジアンサー♪のところだけマイクの方を向いて、高い声のハモりでコーラスを歌っていました。綺麗に声が出ていました。

〜〜〜

ここで最初のMC。五十嵐がマイクに向かって「もう疲れちゃったんだけど」と苦笑します。観客からも笑い声が上がり、和んだ空気に。
「初日だからリハをいっぱいした。今日は結構(曲数)やるので。」というような事を話していたと思います。
この日は終始こんな感じで、ちょいちょい曲終わりに「ありがとう」とか「すみません」とか話していた気がします。

〜〜〜

4.Father's Day

ギターをちょっとミスったりしましたが、ご愛嬌。エフェクターをカチカチと踏んで、独特な音色が響きす。アウトロでギターのエコーがふわ〜と広がるように鳴り、綺麗な余韻を残したまま終了。

〜〜〜

ここまで、曲ごとに全部違うギターを使っていました。下北は見てないので分かりませんが、ここで一度も見た事のない赤と黒のテレキャス型のギターが出てくる。付けられているカポも真っ赤なもの。五十嵐のこの色への拘りっていつからなんでしょうか。
既にチューニング済み、カポも付け済みでローディさんが用意してさっと掛け替えるので、時間のロスが少ない。

〜〜〜

5.Missing

おニューのギターをちょっと弾いたりして確認してから、リズム隊二人の方に目配せして、曲が始まる。darcの中で私は断トツでこの曲が好きです。歌い出しの言葉が鋭く胸に突き刺さります。
サビでたいこが ふぉろぉ〜う♪ とコーラスします。じんわり染み渡るように響く。また後奏でパッパラ歌う曲が増えたね。

〜〜〜

6.Murder you know

アルバムを聴いた時点で何となく気に入っていた曲でしたが、ライブで聴くと更に良い。のっけから開けていくような明るい展開で、照明も光度を増します。
五十嵐とたいこで 「これじゃない」「これじゃない」「これじゃないかーん」と2人が掛け合うように歌う。耳に残ります。

〜〜〜

曲が終わると五十嵐はまた汗をごしごしと拭いたり、水を飲んだりしてギターを取り替え、少しの間があってから、やっぱりギターのフレーズをちょっと確認。リズム隊二人の方に目配せ。たいこがカウントをとって次の曲が始まり…あれ、これは……

〜〜〜

7.タクシードライバー・ブラインドネス!!!

イントロで頭が真っ白になってしまい、ずっと口をポカンと開けて見入っていました。まさか、嘘だ、いや、これは夢か?と目の前の光景を疑いながら、Cメロあたりで涙が止まらなくなり、嗚咽が漏れそうになったのでタオルをぐっと押し当てて堪えました。
シングル発売時以来とは思えない、いい演奏だったと思います。
五十嵐がそもそもこの曲の存在を覚えているのかすら不安だったので、やるとは思わなかった。本当にびっくりした。

〜〜〜

曲が終わるとここで、アコギが出てきました。お、次の何の曲をやるのかな?と考えているとまた懐かしいフレーズが。

〜〜〜

8.うお座

個人的にこの曲は特に好きじゃなかったので、CDではあまり聴いていませんでしたが、ライブで聴くと沁みること沁みること。
CD版の打ち込み音部分は、たいこがクローズドリム(スネアの縁をスティックで叩く方法)でカツカツと鳴らしていて、ライブだとこんな風になるんだ…と思いました。
余談ですが終演後、エイトホールから外に出ると雨が降ってきていたので、その冷たい感触を受けながらこの曲を思い出して感傷にふけりました。雨音が胸のボタンに染み込む…。
〜〜〜

曲が終わり、また五十嵐がエレキギターに持ち替えて、照明が青から暗い赤色に変わります。

〜〜〜

9.Share the light

出ました!ここで一気に盛り上がります。五十嵐がギターをハウリングさせ、たいこが立ち上がりドンドンドン、ドンドン!と重低音を打ち鳴らします。 盛り上がり過ぎて何も覚えてない…

〜〜〜

ここでボソッと「からいきょくやります…」と言い、すぐ「暗い曲やります」と言い直しました。

〜〜〜

10.生きているよりマシさ

イントロでうぁー!と声を上げ、歌い出します。歌詞は確かに深刻だけど、曲調としては明るい方だと思いますが…。そんな事言ったらシロップに暗くない曲なんてあるのかいな。苦笑
音程外したり歌詞とちったりしてましたが、演奏は安定しており、この曲ももう定番化したなーと思いました。
そのまま、アウトロの演奏を繋げて次の曲へ。

〜〜〜

11神のカルマ

いぇえぇっ!と叫び、かなりテンションが高い。歌詞も「だいじょう!たいよう!じゅーぶん!あるしー」と叫ぶように歌っていました。あるしー、は普通に歌ったので落差がすごい。笑
「これはなぁんだ?神の!かるまぁ?!」とテンション高いまま歌う。「俺が払う必要なーい!」の後にこの日は「全然ない!」と言っていました。シャウトしまくって最後の高音がイマイチ出切らないまま終了。疲れたかな?

〜〜〜

12.Deathparade

ここでdarcのまだやってなかった曲、Deathparadeを持ってくる。盛り上がったまま次の曲へ。

〜〜〜

13.Drawn the light!!

このイントロは!また開いた口が塞がらない。
初期のセトリを見るとどうやら定番だったらしい曲。これもかなり久しぶりの披露だっと思いますが、完璧に演奏をこなしていました。
マキリンがこの曲のベースを弾いているのが何だか不思議な気がします。しかもノッている。首をふりふりしています。 たいことのコーラスの掛け合いも、こんな風になるんだな、と思って見ていました。歌詞を間違えて、薬をくれ、薬をくれって二回言ってました。やばい。

〜〜〜

14.落堕

たいこのドラムソロから始まり、五十嵐もそれに続いて、ギターをブォーンと鳴らします。
ここでマキリンが!たいこの方を手で指し示して観客を煽ります!観客から歓声が上がる。そしてグイッとベースを弾き始める!めちゃくちゃかっこいいです。

五十嵐が即興のギターソロを一通り弾いて、マキリンやたいこが目配せしてAメロまで続く展開が始まります。
最初の決め台詞!「寝不足だって言ってんのぉ…」と、いってんのぉ…の部分をため息混じりで、耳元に囁くように歌ったので、内心ドキッとしました。色っぽい。
2回目は「寝不足だって言ってん…だいきちゃん!」とそのままドラムソロに繋げていました。

3回目は「わー!さぁぁ!いぇー!」とか叫びながら「いつ髪切んの!」
「ね↑不足だって言ってんの!!」
とテンション高いまま歌っていました。
〜〜〜

ここでまたMCを挟みます。

「今日はありがとうございました。今日はとても暖かく見てくれて楽しかったです。」というように丁寧にお礼を話していました。

15.リアル

ギターソロが物凄くキマっていて格好良かった!
「あっとうてきな存在感!」と、力強く叫ぶ!
その後もほとんどテンションが上がりきったまま何度も歌詞を叫ぶように歌ってました。
モーソーリアル!モーソーリアル!の所ではもう息切れ寸前になるくらいずっと叫んでいた気がする。

〜〜〜

そして、「ありがとう」と言って舞台袖に帰って行き、本編終了。

〜〜〜

アンコール

手拍子をしていたら程なく出てきてくれました。
五十嵐が「ありがとうございます」と丁寧にお礼を、その後たいこもマイクを通さずに「ありがとうございまーす!」と観客に向けて叫んでくれました。お礼を言いたいのはこっちだよ!

そして、五十嵐がふぅ、と息を吐き「いこうぜ」とたいこに合図をします。すると、たいこがライドを静かに刻み始めました。

テテーンテーン…

〜〜〜

en1.遊体離脱!!!

私はこの曲、ライブで聴けたらもう死んでもいいとさえ思っていたんです。逆に言えば、絶対この曲はライブでやらないだろうな、と………。だからまさかやるとは……
もう死んでもいい。

強いていえば、歌の入りのタイミングがちょっと早かったのと、さっきまでかなり歌も演奏も飛ばしていたので、休憩もほどほどにアンコールが始まってしまい、歌いながらだんだん息切れしてきちゃっていたのが少しもったいなかった。もっと休んで息を整えてから始めて良いのに。

高い声でたいこがコーラスを重ねてきます。こんなん泣かずにいる方が難しい。メロディアスなベースも浮遊するギターの音も歌も煌びやかなシンバルも、すべてが綺麗な曲だ。

〜〜〜

en2.赤いカラス!!!!

続いた曲も、開いた口が塞がらない。生還バージョンの赤いカラス。五十嵐があのイントロを弾き始めて、なんじゃこれは!最高のセトリだー、ともうびっくりしすぎて、笑ってしまいました。
1日にまとめて!こんなにたくさん!好きな曲やってくれるなんて!
この時、遠征決めて良かったな、と強く強く思いました。

Cメロは「ひとりだけの〜、ゆめゆめー」とちょっとアレンジして歌っていたと思います。
最後は生還の時みたいに「ゆめーゆめ、ゆめえ゛!ゆめえ゛!ゆめえ゛!ゆめぇ゛ぇ゛ー!!」と叫んでいました。

私は生還の方のが好きなので嬉しかったんですが、バージョン違いの方は完全にお蔵入りになるのだとしたらちょっと切ない。聴いてみたかったな。

〜〜〜

そしてここから再度盛り上げてくるようなセトリに。急転直下だなぁ。この辺はもう盛り上がり過ぎて記憶が曖昧です。

en3.天才 ギターソロしっかりキマりました。

en4.coup d'Etat〜空をなくす

最後に「でぇぇ !ぃ゛え゛え゛っ!」と叫んで、ギターをハウらせ、そのまた次の曲に入るか!?と、ここで急に静かになる。

五十嵐がどうやら曲の順番を間違えたような様子でした。ここでたいこから「じゃあその曲をやろうよ」と助け船が出され、観客から笑い声。五十嵐はイントロのフレーズを確認して弾き始めます。

en5.パープルムカデ

ここまでだいぶ飛ばしてきた影響か、かなり息切れして音程へろへろになりつつも、時に叫ぶように、必死に歌いあげていました。心なしかちょっと左足が上がったような気がします。
たいこが絶妙なタイミングで「オイ!」と吠えるので、容赦なくテンションが上がってしまう。
定番の曲ですが、これは絶対セトリから外して欲しくない。大好きな曲です。

〜〜〜

演奏が終わり、礼をして去っていく3人。
拍手が起こり、揃い、客席からは更にアンコールを求める手拍子が続きます。

〜〜〜

ダブルアンコール

手拍子があってから、すぐに出てきてくれました。たいこは徘徊Tシャツに着替えており、マキリンと五十嵐は水鉄砲Tシャツを着ていました。そしてここで五十嵐が
「○○ちゃん見てるー? 」
と急に客席に呼びかけます。客が笑い、たいこも笑う。
「僕の唯一の友達が見にきてるんですよ。」となんだか嬉しそうに五十嵐が言う。おい、かわいいぞ。

そして、アコギをちょっと鳴らして 、
「ありがとうございました。拙い感じですみませんでした」と話し始めます。
「初日とかって、結構楽しくできることが多いんですけど、たまたま今日ここでできた事が光栄です。ありがとう」
とか改まって言う。客席からも\ありがとー!/という声が次々に上がってそれに応えます。なんだか、金沢は温かいな。


そして、「じゃあ最後に一曲だけ」と言って、アルバム最後の曲を弾き始めます。

en.2-1 Rookie Yankee

〜〜〜

初日まとめ

Krankeツアーの時と同じく、ギターを曲ごとに取り替える事で曲間をなるべく無くして時間を短縮し、会場の空気を冷まさないように配慮がなされていたと思います。
ちょいちょい五十嵐の汗拭きタイム等が挟まりましたが、今日は振り返ってみるとけっこう序盤から、疲れちゃったよ、とか、ありがとう、とか、見てるー?とか普通に話していて穏やかだった。初日はいつも割と楽しんでるんですかね?かわいいがらしが見れて、わしゃ嬉しいよ。
下手側端だったので、上手側の袖でローディさんが毎曲ごとにチューニング済みのギターを抱えて、じっと待機してるのが見えて、その図がなんかちょっと笑えました。仕事人だな〜。
各曲の完成度はこれからまだまだ上がりそうです。

余談ですが、グッズ先行に並んでいたらリハの音がわりと大き目に聞こえてきました。darcの曲をやってる…と思ったら途中で物販で流してるCDの音と被ってしまい何だかよく分からない状態に。リハーサルを長めにやったと話していたから、たまたま聞こえちゃったのかな。

〜〜〜〜〜〜

追伸

大阪公演1枚余ってますので、行きたい方は声かけて下さい。